就労支援事業所ディープレイスでは中高生向けに放課後等デイサービス事業を行っています。

放課後等デイサービスのグッズ

子どもたちが自信を持って活動できるように

ディープレイスの基本的な理念は「利用者の自尊心・自己肯定感を育むこと」です。子どもたちが自分自身が認められ、自信を持って活動できるようになるための支援を行います。

  • 学校に馴染めず、通学できない
  • 学校の勉強についていくことができないで、焦っている
  • 周りとのコミュニケーションがうまくできず、辛さを抱えている
  • 進学や就労に関してどのような選択肢があるのか悩んでいる
  • 発達障害・精神障害での療育に悩まれている

このようなお悩み、困難、しんどさを抱えているような子どもたちをディープレイスの放課後等デイサービスでは支援します。ディープレイスの放課後等デイサービスのプログラムを利用していただくことで、子どもたちが自信を持って活動できるようになるための支援を行います。

放課後等デイサービスの利用例

ディープレイスでは個別支援計画を作成し、利用される方々に合わせて支援を行います。

3つの代表的なコースをご用意しましたので、ご参考に活用ください。3つのコースはあくまでも利用例ですので、保護者の方・ご本人・支援者の3者で作成した個別支援計画に基づいて支援を行います。

お昼コース(13時~16時)

お昼間に利用するコースです。学校に行くことが難しくなった中学生・高校生、通信制・単位制高校に通っている方、その他にも日中に利用したいと考えておられる方が過ごすためのコースです。勉強・学習支援やパソコン利用、その他ゲームや支援者と一緒に体を動かすことも可能です。

ディープレイスの放課後等デイサービスでは不登校支援も行っております(不登校の中学生・高校生の放課後等デイサービスでのサポート)。

夕方コース(16時~18時)

学校が終わったあとに利用するコースです。学校終わりに立ち寄ることができます。ちょっとした休憩に利用していただいても良いですし、SSTや宿題を行うといった学習支援にも利用していただけます。

夜コース(18時~21時)

部活や生徒会の終わったあと、少し遠くの学校から帰ってくるときに利用できるコースです。受験勉強などにも利用できますし、休憩や友達・スタッフとのコミュニケーションを取る練習、パソコンやプログラミングなど幅広く対応しています。

放課後等デイサービスのプログラム

ディープレイスの放課後等デイサービスでは、下記のようなプログラムをご用意しております。必ずしも下記のサービスを利用しなければいけないわけではなく、利用者の方に合わせた支援を行います。

  1. プログラミング・IT・WEB
  2. 映像授業を使った学習支援
  3. コミュニケーションスキル等の訓練
  4. 進路・進学・就労の相談

プログラミング・IT・WEB

ITを学べる放課後等デイサービスは最近では少しずつ増えているようです。パソコン作業に関する職業体験をカリキュラムに含んでいる施設も珍しくありません。

ディープレイスも同じようにパソコン作業の職業体験を行うことができます。ただ、他と違うのは施設長が約10年、IT・WEBの業界で働いてきたノウハウを持っているという点です。Word・Excelといった事務ソフトの利用だけでなく、ホームページ作成やロボットを使ったプログラミングなどを学ぶ事ができます。

例えば、下記のようなプログラミング教育ロボットをご用意しています。カムプログラムという簡単な仕組みを用いて、「自分が考えたとおりに動かす」というプログラミングの基本を学ぶことができる教育ロボットになっています。こちらでプログラミングの基本を覚えていただきます。

また他にも下記はMbotといい、プログラミングを楽しく学ぶためのロボットです。ブロックを組み合わせることによって、ロボットを前進させたり、後退させたりすることができます。また搭載されているLEDライトの光り方を操作したり、音楽を奏でることができるなど様々なプログラミング体験ができる教育ロボットです。

ITの世界ではスティーブ・ジョブズやビル・ゲイツなど、発達障害ではないか?とされている方が数多く活躍されています。学生のうちからIT・WEBに本格的に触れることで就職の幅がより広がることは間違いありません。ぜひITやロボット、インターネットが好きだという方はプログラミング体験をに起こしください。

追記:施設長の松本がなぜ発達障害の皆さんにIT・WEBを教えたいと思っているのか、その思いを書きましたので、ぜひ読んでみてください。

発達障害とプログラミング~放課後等デイサービスで学ぶ皆さんへ

2:映像授業を使った学習支援

学習塾のアイ・キャンと提携し、映像授業を取り入れています。こちらでは授業風景を撮影した映像を見ながら、授業を学ぶことができます。何度もわからない部分を復習するためにも利用できますし、英語検定用のものも用意しております。

また、宿題や予習復習といった一般的な学習も行っていただけます。学習塾ではないので、授業などはございませんが、個別に行う学習の見守りや一緒に問題を考えるなどの支援を行います。

夜9時まで営業しております

3:コミュニケーションスキル等の訓練

コミュニケーションを苦手としている児童に対し、必要最低限のコミュニケーションスキルが身につくような訓練を行います。訓練の内容はいわゆる授業のようなものではなく、もっと軽く楽しく身につくものを提案します。

例えばゲームで遊ぶときには順番を守って遊ぶことを覚え、相手と順番に遊ぶことを学びます。また、他の利用者や支援員との会話を通して、コミュニケーションの基本を学びます。一般的にSSTと呼ばれているソーシャルスキルトレーニングも行いますが、それ以上にLSTと呼ばれるライフスキルトレーニングを重視した形で支援します。

ライフスキルトレーニングでは自分自身でいろいろなことが行えるようになることが目標です。片付けや身支度、買い物といった生きる上で必要な力を身につける支援を組み入れていきます。

4:進路・進学・就労の相談

18歳までは障害福祉サービスとして放課後等デイサービスを利用することは可能です。しかし、高校卒業後は放課後等デイサービスは原則利用することができません。卒業後の進路がはっきりと決まっている場合は良いですが、就職か進学かすぐに決められない方も少なくないでしょう。

その場合、放課後等デイサービスでも進路についてのご相談をお受けします。どういった方向に進むべきなのか、どういった高校に行くべきなのか、専門学校に行くべきか就労すべきかなど、就労支援事業所ディープレイスでもアドバイス等、行います。ディープレイスではサポート校・フリースクールで働いていた職員もいるため、高校の進路相談などにも対応しております。

利用される児童に合った進路・進学・就労を一緒に考えてまいります。

よくある質問

送迎はやっていますか?
申し訳ございません。ディープレイスの放課後等デイサービスでは送迎サービスはおこなっておりません。自力通所いただける方がご利用いただけます。保護者の方が車や駅まで送り迎えいただく分には問題ございません。
何歳から何歳までが利用できますか?
原則は中学生~高校生を対象としております。時間帯やお子様の状況によっては小学生も利用可能ですので、ご相談ください。
利用前に見学、体験は可能ですか?
はい、可能です。
ご利用前に補者の方から現在の状況やご希望されるサポートについて、ヒアリングさせていただいた後、見学・体験を行っていただけます。
見学体験は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。
他の放課後等デイサービスにも通っているのですが、大丈夫でしょうか?
併用も可能です。
ただし、他の放課後等デイサービスとの同日利用は不可となっておりますので、ご注意ください。
他の放課後等デイサービスに言っている場合、利用料や利用回数はどうなりますか?
ご負担いただく金額は受給者証に記載されてる負担上限月額までとなります。受給者証に記載されてる利用回数内でしたら、ご利用可能ですが、利用回数を変更死体倍位は、お住まいの市区町村にご相談ください。
利用料金以外に支払うお金はありますか?
イベントの交通費やお子様の個別支援で必要な教材を購入する場合は、別途ご負担いただくことがはございます。ですが、必ず事前にご提案・ご相談させていただきますので、ご安心ください。
子どもが不登校なのですが、利用できますか?
「放課後等デイサービス」という名称ですが、ご利用いただけます。お昼からご利用いただけるコースもございますので、お子様自信が安心して楽しく過ごせるようにサポートいたします。
障害者手帳は絶対に必要ですか?
放課後等デイサービスの利用にあたっては受給者証が必要ですが、必ずしも障害者手帳は必要ありません。医師の診断があれば受給者証が発行される場合も多々ありますので、ご相談ください。
感覚や特性からしんどい部分があるのですが、サポートしてもらえますか?
お子様自身の特性・しんどいぶぶんに合わせて、環境や対応を考え、サポートします。まずは一度ご相談いただけたらと思います。

お問い合わせ電話番号06-6467-86649:00~20:00(日曜・祝日除く)

お問い合わせはこちら