発達障害・精神障害等を持つ学生・社会人のための施設「ディープレイス」。名前の由来は「Developmental disorder(=発達障害)」と「Digital(=デジタル)」の頭文字である「D」、そして「居場所」を意味するPlaceを組み合わせた造語です。

発達障害を持つ学生と保護者の方、そして大人でも安心できる居場所となれるように」と願って名付けました。

ディープレイスでは利用される方々の「自尊心・自己肯定感を醸成すること」を第一の目的として、就労・進学への支援を行ってまいります。

「就労移行支援も大事だけど、それ以前のケアも大切だよね」

ディープレイスを作ろうとしたきっかけは、お手伝いをしていた就労移行支援事業所での出来事でした。

就労移行支援事業所は障害を持つ方々の就職をサポートするための施設ですが、18歳を超えた方しか利用することができません。

しかし支援の現場では「もっと早くからサポートが必要だ」と感じる事が多々ありました。

その中でも最も対策・サポートが必要だと思われるのが「自尊心」であり「自己肯定感」です。これは障害を持つ方、健常の方かかわらず必要なことですが、なぜか多くの人が自分を低く見積もります。発達障害を持つ方は特に顕著です。

できる限り早い段階から、子どもたちに関わり「自尊心・自己肯定感」を持ってもらえるよう、大人たちがサポートする必要があると思います。

就労支援事業所ディープレイスは放課後等デイサービスの機能を持ちながら、サービスとしては就労を念頭に置いたトレーニングを行います。ワード・エクセルなどのパソコン操作、SST、ビジネスマナー、自己分析・業界分析、職場見学・体験など、なるべく就労に近い支援を行いたいと考えています。

もちろん就労移行支援・放課後等デイサービスともに利用される方がどのように利用したいのか、それが最も需要です。利用者の方々の目線で支援を行います。特に放課後等デイサービスは高校生が専門学校・短大・大学への進学も考えておられる方も多くいますので、その方の希望に沿って最大限の支援を行います。

ですが、ディープレイスが最も重視しているのはITスキルでも学習スキルでも無く、子どもたちが自尊心・自己肯定感を持ってもらうことです。自分が存在していいということ、自信を持って生きていけるようになること、それが最も重要と考えています。

日本の多くの子供達が世界の国々と同じレベルの自尊心・自己肯定感を持てるようサポートしていきます。

代表 松本孝行

ディープレイス内部の様子

ウイッシュ大阪ビル9階のエレベーターを降りると、ディープレイスの看板がお出迎え。左手側がディープレイスです(右手側は室外機置き場になっています)。

入り口は季節に合わせていろいろな装飾を施しています。写真を撮影したときはクリスマスの装飾ですが、職員を中心に、いろいろな装飾を行っていく予定です。ぜひ利用者の皆さんも一緒に装飾できれば楽しいですね。

電子レンジと冷蔵庫、そしてポットもあります。冷蔵庫でお弁当を保存してもらってOKですし、電子レンジでお弁当を温めることもできます。夜もディープレイスの近くにあるお弁当屋さんでご飯を買うことも。一人で買いに行くのが怖い、緊張するという場合は職員と一緒に行きましょう♪

こちらは相談室です。ナチュラルな色の机と椅子で、こちらが空いているときには休憩としても使ってもらってOKです!なんでも気軽に相談してくださいね。

就労移行支援の教室です!右側、施設長の荷物がたくさんで整理できていなくて申し訳ないです…(笑)このように壁側に向いて落ち着いて作業ができるようになっているスペースと…

このようにSSTやみんなで少し話をしたり、相談をしたりするスペースがあります。もちろんこれは利用者の要望によって席替えなどをやっていく予定ですので、リクエストは常時受け付けております。

放課後等デイサービスグループワークスペース

こちらは放課後等デイサービスのスペースです。右手前が職員のデスクで、グループワークができるようになっています。また、棚の向こう側は休憩スペースになっています。

放課後等デイサービスの個別ブース

こちらは個人スペースです。個人でパソコンをしたいとか、勉強に集中したいという場合にはこちらのスペースを使って集中してもらえます。

放課後等デイサービスの休憩スペース

こちら休憩スペースです。ソファもありますので、ゆっくりしたいときや辛いときなどに一時休憩することができます。寝転がることもできるようになっていますよ。

放課後等デイサービスのグッズ

こちらはいろいろなものがあります。将棋やオセロ、卓球にプログラミングロボット、そして授業用の教科書などが置かれています。絵を描いたりトランプをしたりもできますよ!

ディープレイス内部の動画

就労支援事業所ディープレイス内部の動画を撮影し、YouTubeにアップロードしました。こちらをご覧いただければ、理解が進みやすいかなと思います。

お問い合わせ電話番号06-6467-8664お電話による受付時間 10:00-18:00(日曜休日)

メールでのお問い合わせ mailでの見学予約・お問い合わせは24時間可能です