発達障害等の特性から、学校に行くのが「しんどい・つらい・苦しい」というお話を当事者の方、そして保護者の方からもお問い合わせいただきます。そのため、ディープレイスの放課後等デイサービスでは不登校の児童・生徒に対するサポートも行います。学校・家庭以外の「第三の居場所=サードプレイス(安心できる居心地の良い居場所)」として利用していただければと思います。

不登校の居場所としての放課後等デイサービス

児童・生徒に対するサポートの考え方

どのお子さんに対するサポートも同じですが「楽しく安心して生活し、自立すること」を目標にしてサポートします。はじめから自立を目指して支援をすることはありませんのでご安心下さい。まずは環境や人、時間などになれることを目指した支援を行います。お子さんのペースに合わせた関わりを職員で行ってまいります。

不登校のご相談について

小学生から高校3年生までのお子さんを対象に、エルム大阪が様々な期間の相談先を掲載しております。今のお子さんにあった機関に相談されるのも一つの方法です。

大阪市発達障がい者支援マップ_保育所(園)・幼稚園への入園や学校への入学、不登校などについて相談を受けたいとき 学齢期(6~18歳)

ディープレイスでも実際に不登校の経験をして、不登校支援の経験もあるスタッフが在籍しています。お気軽にご相談いただけますので、お問い合わせください。

こんな使い方ができます

ディープレイスの放課後等デイサービスを不登校支援として利用する場合、下記のような使い方も可能です。

  • 13時30分から通所。おしゃべりしてパソコンでYou Tubeを一緒に見る
    「自宅以外の居場所」としてまずは安心できる場所と思ってもらえるような支援を行います。ウノやトランプ、You Tubeの視聴など遊びやエンターテインメントを通して、外出する習慣をつけてもらいたいと考えています。
  • お昼に90分、学校の勉強を行う
    学校の勉強をするために利用することも可能です。中学生用には映像授業も用意していますので、塾と同じように授業風景をパソコンで見つつ、勉強することも可能です。

よくある質問

中学生なのですが、学校に行かないと授業についていけなくて進学できないのでは…?
進学先にもよりますが「学校に行かない」=「進学でいない」ということではありません。適応指導教室など、学校外の機関に通うことで出席扱いにしてもらえる場合もあります。
また、出席数に不安がある場合でも入学できる市立の高校や通信制高校、サポート校などもあります。決して進学できない、ということではございません。
どうしても学校に行かないという子どもを責めてしまいます…
保護者の方からすると、お子さんを思うあまりに心配や不安でいらだってしまうことは自然なことだと思います。その場合は保護者の方もリフレッシュしたり、他の方に悩み・つらさ・しんどさ・苦しさを吐き出してもらうのも、大事なことではないでしょうか。
いつまで不登校の状態を見守っているべきなのでしょうか?
おこさんにエネルギーがたまり、活動できるようになるまでは見守りの思斉が特に大切です。しかし、待ちすぎると動かないことに安心してしまい、外に出にくくなることもあります。声かけのタイミングや見守りが難しい場合は専門機関に相談してみてはいかがでしょうか。
ディープレイスではどのような不登校のサポートをされていますか?
パソコンやものづくり、その他ゆっくりと自由に過ごすことから、目標を立てて学習するなど、ひとりひとりのお子さんに合ったプログラム・支援を作成し、サポートしていきます。

お問い合わせ電話番号06-6467-86649:00~20:00(日曜・祝日除く)

お問い合わせはこちら