就労支援事業所ディープレイスでは発達障害のある方々が、若いうちから働くことを少しでも意識して、成長していけるような支援を行っております。例えば、学年・年齢によって下記のような形を参考にしていただければと思います。

  • 小学生…自分の好きなこと、得意なこと、興味のあることを知り、得意分野を伸ばしていって、不得意分野をカバーできる力を知ること
  • 中学生…今後の進路について、単位制・通信制高校や高卒認定試験の受験など、将来に向けての一歩を踏み出す道筋を見つける
  • 高校生…具体的に自分の特性を知り、その特性をどのようにすればカバーでき、仕事がスムーズに進むようにできるか?を身につける

企業様との連携について

ディープレイスでは活動に共感していただける企業様と共に社会を少しでもよくするお手伝いができればと考えています。具体的には下記のような社会貢献の考え方をお持ちの企業様と連携したいと考えております。

  • 子供たちのために、よりよい未来を作っていきたい
  • 発達障害やグレーゾーンの子どもたちの未来を応援したい
  • 働くための力・スキルを身につける教育に関心がある
  • 将来一緒に働く人材を子供のうちから関わっていたい

発達障害のある子どもやグレーゾーンの子どもたち、学校や友達関係などで困っている子どもたちのために何かをしたいと考えている企業様はぜひご連絡くださいませ。

企業様との連携例

様々な連携が考えられますが、いくつか例を下記いたします。

プログラミング体験会の共同開催

ディープレイスでは小・中・高の子どもたち向けに、プログラミング体験会を開催しています。発達障害のある方、グレーゾーンの方、定型発達の方と特に分け隔てなく参加していただいております。

今はディープレイス内で行っておりますが、もし企業様とコラボして他の場所で開催することも可能です。企業様のプロモーションと合わせて、弊社のプログラミング体験会を連携させるという方法も考えられます。

啓発セミナー・イベントの共同開催

現状、全国的に放課後等デイサービスは少しずつ知られてはきましたが、不登校の子供が使えることや学校へ訪問し、対象の子供と触れ合って支援する「保育所等訪問支援」という方法など、なかなか世間的に知られていないサービスがたくさんあります。

ぜひそのようなサービスを多くの方に知っていただくためのセミナーやイベントを共同開催させていただければと考えています。

職場見学

貴社の職場見学をさせていただければと思います。実際にどういうふうに働くのか、働くとはどういうことか?を知ることは非常に重要です。最近ではユーチューバーになりたいという子供が多くいますが、その理由は実際に働いている姿が一番身近だからではないでしょうか。

ディープレイスに通っている子供たち、そして外部のお子様と保護者様と一緒に職場見学ができれば、きっとユーチューバー以外にもなりたい職種を見つけてくれるのではないでしょうか。

その他ご寄付等

パソコンやタブレット、ディスプレイや教科書・テキストなどの物品及び金銭でのご寄付を始め、その他の連携ができましたら幸いです。

ご連携いただける企業様・企業関係者の方はディープレイスのお問い合わせフォームもしくはお電話にてご連絡いただけますと幸いです