就労移行支援で目指したいパソコンスキルのレベルって??

就労準備型放課後等デイサービスでも、就労移行支援事業所や就労継続支援事業所でも、パソコンスキルのトレーニングを行うことが多々あります。WordやExcel、タイピングなどから始まり、ホームページ制作などまで行うところもあります。

しかし就労において、まったくパソコンスキルが必要ない職種もあります。またパソコンスキルが必要と言っても、どの程度まで身につければいいのか?はっきりとわからない場合も多いでしょう。

そこで「事務系」と「IT系」への就職に分けて、それぞれ必要なIT・パソコンスキルをご紹介します。一つの参考・目安にしてもらえるといいと思います。

就労移行支援で目指したいパソコンスキルのレベルって??

事務系で目指すのは「Vlookup」を覚えること

まず事務系で目指したいところとしては、タイトルの通りVlookup関数を使えるようになることです。

Wordの場合は文章作成、特に文字の大きさ、右寄せ・中央寄せ、画像の挿入、色の変更、オートシェイプ、表の挿入、箇条書き、番号付きリスト…といったものが操作できれば問題ありません。さほど難しいことはないと思います。

成果物としては「契約書」「請求書」「領収書」「社内案内文」「簡単なチラシ」といったところができれば問題ありません。十分に実務に耐えうるだけの能力がある、といえるでしょう。

問題はExcelです。Excelは人それぞれ使い方が非常に異なります。なんでもできるために、どうしてもレベルが高くなってしまいます。簡単にExcelの場合は初級から上級まで分けるとしたら下記のような感じになります。

  • 初級者…表・グラフの作成、四則演算、簡単な関数の利用
  • 中級者…sumif、Vlookupなどの関数の利用、ピポットテーブルの作成
  • 上級者…VBAの利用、マクロを作成

といったようなものです。実際、上級者になれば就職が多いか?というとそうではありません。上級者ほど使いこなせる方は少ないですし、そもそもそれほどのレベルを事務職に求めてはいません。IT・プログラミングであれば必要な場合もありますが、どちらかというとExcelを使わないパターンのほうが多い印象があります。

PowerPointについては一般的な操作ができれば問題ありません。スライドの追加・削除、シェイプ・文字・画像の挿入、表の作成、グラフの作成、スマートアートの使用…という、一般的な操作ができれば問題ありません。むしろPowerPointの場合は発表する内容のほうが大事ですが、事務系ではあまりPowerPointを使って企画をするということは少ないでしょう。

一般的に事務職系でパソコンスキルを身につけたいというのであれば、下記までスキルを伸ばせば、十分就労できるレベルに到達している、といえるのではないでしょうか。

  • Word…請求書、社内案内文、チラシなどが作れること
  • Excel…Vlookup関数が使えるようになること
  • PowerPoint…基本的な操作ができるようになること

IT系では自己解決能力が求められる

ではディープレイスでもプログラミング教育を行っていますが、「IT系に就職したい!」という場合には、どのような力が必要になるのでしょうか。IT・デジタルに関するスキルはもちろん必要です。必要ですが、もっと必要な力というのが他にあります。

それは自己解決能力です。障害のあるなしにかかわらず、もっとも求められている能力だと言えます。

例えばホームページ制作をするときに、デザインカンプに沿って行う場合、どのようなCSSを書けばいいのかわからないときがあります。初めて使うエディタソフトに戸惑うときもあるかと思います。一般的にはこういったわからないときには周りに聞くのがいいですが、IT・デジタル系では自分で調べて解決することが求められます。

わからない部分はインターネットで検索、いわゆる「ググる」という能力が必要になるのです。例えばホームページ制作で画像が左にスライドし、新しい画像が右からやってくるような動きがあります。一般的にはカルーセルやスライダーなんて言いますが、これをそのまま「カルーセル CSS」や「カルーセル Jquery」のように調べます。

たとえカルーセルやスライダーという言葉がわからなくても「トップページ 画像 変わる仕組み」のように調べていけば、自ずと必要なコーディングのサンプルが出てきます。このサンプルを見ながら、コーディングしていくというのがIT系では求められる子が多々あります。

コミュニケーションがあまり得意ではない人にはメリットになります。だからこそ発達障害とプログラミングというのは相性がいい、と考えられているわけです(発達障害とプログラミング~放課後等デイサービスで学ぶ皆さんへ)。

まとめ

簡単に就労移行支援や就労準備型放課後等デイサービスで目指すべきレベルというのが理解していただけたかと思います。もちろんこれはITスキルで勝負したい人はどんどん高いレベルを目指していただければいいですし、それ以外が得意な方は自分の得意な部分を活かせばいいのではないでしょうか。

その昔、ある有名な方は友人がムキになって自分の不得意な分野で周りと対抗しようとしていたところ、友人に対し「競うな、持ち味をイカせッッ」と言ったそうです。自分自身が不得意な分野で周りと競争しても仕方ありませんからね。競わず、自分の持ち味を見つけましょう。

見学のお申込みにつきまして

見学体験のお申込みは専用システムもしくはFAXにて24時間365日受け付けています。
お電話でのお申込みは9時~18時まで受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。
TEL:06-6467-8664  FAX:06-6467-8665